トップメッセージ

小売業に魅力を感じている方にとって
DCMダイキは今、理想的なフィールド

代表取締役社長 中川真行

DCMダイキは、1978年にホームセンターを開店して以来、愛媛県を基盤とし、近畿・中国・四国・九州と西日本を中心に店舗を展開してまいりました。そして現在では、中部を中心に展開するDCMカーマ(株)、北海道・東北・関東を中心に展開するDCMホーマック(株)、青森県・北海道を中心に展開するDCMサンワ(株)、山梨県・神奈川県を中心に展開するDCMくろがねや(株)と共に、DCMグループの一員として、全国でホームセンター事業を営んでいます。

現在、DCMグループは37都道府県に673店舗を展開しており、売上高4,300億円超の国内最大のホームセンターグループです。(※2020年2月現在)

グループ名にあるDCMには「Demand Chain Management お客様視点からの流通改革」 「Do Creat Mystyle くらしの夢をカタチに」の二つの意味があります。単なる流通業としての技術論ではなく、お客さまの需要や社会・経済の変化に、柔軟に対応していくと共に、お客さまの「くらしの夢をカタチに」するお手伝いをしていく、という想いが込められています。

その実現に向けて、急激な社会環境の変化に対応していくには、未知数のパワーを持つ皆さんのような、若い人材が今、一番必要とされています。

また、2021年3月を目途に、当社を含め、DCMグループのホームセンター事業会社5社が統合します。それにより社員の活躍できるステージは大きく拡がります。皆さんが自己実現に向けて取り組める場は、しっかり用意されています。

DCMダイキは、「人で勝つ企業づくり」をスローガンに掲げ、社員教育に積極的に取り組んでいます。 社員一人ひとりの成長が、組織・企業の成長へとつながり、社員の幸せへとつながります。 皆さん一人ひとりが主役となり、お客さまと共に、くらしの夢を実現しましょう。