ワイン通が辿りつく味、それがカリフォルニアワイン

お知らせ

ただいま、お知らせはございません。

取扱ワイン

  • 赤ワイン
  • 白ワイン
  • ロゼワイン

カリフォルニアワインの魅力

日本で親しまれるようになってまだまだ日の浅い感があるカリフォルニアワイン。しかし、その新しさのおかげで、気軽に楽しめるカジュアルなワインとして、人気が定着しつつあります。カリフォルニアは、他国にはない恵まれた気候・土壌で、素晴らしいワインを作る上で規則もなければ、限界もない、常に最高のワインを作り続ける自由の土地で、ワインの産地としても有名なフランスとも肩を並べる品質を持ち、また、フランスよりも高い気温のため、ブドウが完熟し、糖度が充分に上がり、その分、ワインにボリュームがあり、残留糖度によるほのかな甘みもありますが、反面、酸が少ない傾向があります。カリフォルニアでは5,000ケース以下という規模のワイナリーがほとんどで、年間生産量50,000ケース規模のところが多いボルドーの特級シャトーより小規模ですが、優良で希少性が高いワインが多数生まれます。

日本で親しまれるようになってまだまだ日の浅い感があるカリフォルニアワイン。
しかし、その新しさのおかげで、気軽に楽しめるカジュアルなワインとして、人気が定着しつつあります。

カリフォルニアは、他国にはない恵まれた気候・土壌で、素晴らしいワインを作る上で規則もなければ、限界もない、常に最高のワインを作り続ける自由の土地で、ワインの産地としても有名なフランスとも肩を並べる品質を持ち、また、フランスよりも高い気温のため、ブドウが完熟し、糖度が充分に上がり、その分、ワインにボリュームがあり、残留糖度によるほのかな甘みもありますが、反面、酸が少ない傾向があります。

カリフォルニアでは5,000ケース以下という規模のワイナリーがほとんどで、年間生産量50,000ケース規模のところが多いボルドーの特級シャトーより小規模ですが、優良で希少性が高いワインが多数生まれます。