ごあいさつ

 弊財団は、県内のスポーツの向上発展に寄与することを目的に平成12年に設立し18年間を経過いたしました。この間36団体141名の方々を顕彰申し上げますとともに、それぞれの競技団体や選手の皆さんの様々なスポーツ活動に対して支援を行って参りました。県内のスポーツの振興にいささかなりともお役に立てたのではないかと自負しているところでございます。
 ご承知のようにえひめ国体以後、本県のスポーツ界は新しいステージに入り、県や県スポーツ協会を中心に取り組みが始まっておりますが、中でも地域スポーツの振興を図っていくことが重要ではないかと考えます。
 このような観点からも、県内の各市町スポーツ協会や各競技団体が加盟する県スポーツ協会の役割と責任はますます大きなものとなっており、また中村会長を中心とする新たな体制でスタートしたところであります。
  このような状況の中、私共といたしましては、より地域の実情に即した効果的な支援を行うためには、思い切って私共の資産を全て提供し、県スポーツ協会と一体となって活動することが望ましいと考え、同協会との吸収合併を決断したものでございます。
  平成31年4月1日からは、県スポーツ協会において、私共の思いを引継いでいただくことになっておりますので、変わらぬご支援・ご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
  今後、県スポーツ協会を中心に本県の地域スポーツがますます振興・発展するよう祈念いたしますとともに、弊財団創設以来18年間に亘りまして、関係の皆様方から賜りました格別のご厚情に対しまして改めて心から厚く感謝を申し上げます。

平成31年3月31日

公益財団法人大亀スポーツ振興財団
代表理事理事長 大亀孝裕

■お知らせ

平成31年1月10日
当財団は、公益財団法人愛媛県スポーツ協会との合併を進めております。

合併公告